見学会告知

来月の4日(土)、5日(日)の2日間、箕輪町で完成見学会を予定しています。

見学会場では見ることの出来ない、着工から現在(仕上げの工程中)までの 現場の様子をまとめてUPします。

P1050104

今年の2月に基礎工事を開始し、幾度も積雪に見舞われながらも3月に基礎完成。

 

P1050131

P1050138

春の訪れとともに建前を開始。
板倉の家は建前と同時に内・外の壁が出来上がるのが特徴。見た目ではもう半分位出来上がったように見えますが、実際はこれから大工さんの長い造作(ぞうさく)工事が始まります。

IMG_0384

大工さんの造作と平行して、内部ではペチカの工事が進みます。

IMG_3537

6月、外部では左官屋さんによる壁のモルタル塗りが行われています。
現代の家づくりは「乾式工法」といって水を使わない材料で家を作る工法が主流になってきています。その方が養生期間の必要が無いため、天候に左右されることなく工期を短縮できるというメリットがあるからです。外壁に関しても、世間ではサイディング材(工場生産された鉄板や、軽量コンクリートなどの外壁材)が圧倒的に多く使われる中で、有賀製材所の建てる家の外壁では、モルタル下地+漆喰塗り仕上げのような「湿式工法」をよくやります。こような工法で、かつ自然素材を使うことで、より木の家らしい表情豊かな外観に仕上げることが出来るのではと考えています。

 

IMG_3560

DSC02358

2階のモルタル塗りが完了し、後は仕上げの漆喰塗りを残すのみとなりました。
この状態で1ヶ月以上の養生期間を取り、モルタルをしっかりと乾かします。1階の唐松板も貼られ、足場の外れる日ももうすぐです。

DSC02359

8月、大工さんによる内部の造作工事も終盤に近づいてきました。
写真は玄関下駄箱の天板。クリ40mm厚の無垢板を接ぎ合わせて一枚のカウンター板にしています。

 

DSC03005

こちらはダイニングのデスクカウンター。
たまたま欅(ケヤキ)の一枚板が何年も在庫で眠っていたのですが、長さ、幅共に今回の現場にピッタリだったため使ってもらうことにしました。この辺の材木のダイナミックな使い方(?)も製材所ならではです。

 

DSC02959

洗面所カウンターは家具屋さんによるオーダーです。キッチンもお風呂も、そして洗面台も既製のシステム品が主流を占める現在の家づくりの中で、せめて洗面台くらいは「手作り」にこだわりませんか?というのが私どもの考え。間口90cmそこそこの洗面台に比べるとカウンタースペースに余裕のある洗面台は本当に使い易いと思います。

 

DSC02953

ちなみにこちらのお宅はお風呂も在来工法(手作り)です。
床には暖かくて柔らかみのあるコルクタイルを、タイルから上の壁の部分は水に強い「サワラ板」を使用。木の香り漂う暖かみのある浴室は一見の価値ありです。

 

DSC02723

玄関ポーチの土間は「玉砂利の洗い出し」仕上げ。
これも、古くから伝わる左官技法の一つ。玄関ポーチというと現在は磁器タイル貼りが殆どだと思いますが、この洗い出し土間も先程の漆喰壁と同じ「湿式工法」の一つ。玉砂利の色合いと凸凹具合が素敵な風合いと表情を引き出しています。何よりこの洗い出し仕上げ、意外と土間の汚れが目立たないのがお勧めです。

 

DSC02716

季節は夏を通り過ぎて、すっかり秋空へ。

 

DSC02729

着工から半年以上の工期を掛け、今月末にようやく完成です。
地元の木を使い自然素材で家を建てるということは、どうしても時間の掛かる作業になります。スピードが重視される現代の家づくりの中でこのようにじっくりと時間を掛けて家づくりをさせて頂けることは、そうは言ってもお施主様のご理解があってのこと。作り手としてとても有り難いことだと改めて感謝しています。

 

DSC00928

同じ木の家でも手法は様々です。
現在は、無垢材の「割れやねじれ、反りや空き、表面の傷」といった欠点(特徴)を、高温乾燥や高い圧力をかけることで少なくする技術が開発されてきています。確かにそれにより誰にでも受け入れられやすい、使う側から言うと「クレームが付きにくい」均一化した品質の材が確保されるかもしれません。
ただ私ども有賀製材所のスタンスはそれとは少し違います。あくまでも地元の材を、極力「余計なエネルギーを掛けずに」使いたいのです。そして木が本来持っている特徴(温かさ、肌触りの良さ、優れた調湿性など)を住みながら実感して頂きたいのです。木の持っている良さを実感して頂ければ、床の傷や梁の割れも「風合い」として、時間と共に愛着あるものへと変わっていくと思います。
今回の見学会場となる家も、地元の木材と自然素材とをふんだんに使った木の家です。実際に見て触って、木の家の気持ちよさを体感して頂ければ幸いです。

 

IMG_3341

最後になりましたが、前回(6月)の見学会に続き今回も、飯田市の永井家具店さんhttp://nagai-kaguten.jp/による「ギャッベ」の同時展示会を予定しています。最近様々なところで目にするようになったギャッベですが、永井家具店さんが取り扱うギャッベはイランで300年も前から遊牧生活を送っている「カシュガイ族」によって織られる伝統の手織り絨緞です。木の家にもとても良く合う本物の手織り絨緞の気持ちよさも是非この機会に体感してみてください。

皆さまのお越しを従業員一同心よりお待ちしています。

コメントは受け付けていません。