駒ヶ根市 ゲストハウス bochi-bochi

 

先週ペチカのメンテナンスのことで、

駒ヶ根市赤穂にあるゲストハウス「bochi-bochi」へ行ってきました。

https://www.booking.com/hotel/jp/gesutohausubochi-bochi.ja.html#tab-main

 

 

 

古い平屋の一軒家を若いご夫婦お二人で

セルフリノベーションした小さなゲストハウスです。

 

3年程前、自分たちでリノベーションを始めるに当たり、

ペチカや材料のことで相談に乗らせて頂いたのがきっかけで、

お付き合いさせて頂いています。

 

 

外観は一見普通の家に見えますが、

建物の中に入るとオーナーご夫妻手づくりによる

アジアンテイスト溢れるセンス良い空間が広がります。

(よく見るとリビング中央にはブランコが!)

 

 

ご主人の村尾健太郎さんは、普段山仕事もやられていて、

ご自分で切った木をうちで製材加工してフローリングに使いました。

ケヤキ、サクラ、アカマツ、カラマツ、色んな樹種の床板が並びます。

 

 

「タモ材」のカウンターテーブル。

会社の中でいつまでも使われずに眠っていた幅の狭いタモの板が、

見事によみがえりました。

 

 

 

改修する前までは天井裏に隠れていて見えなかった年代物の梁も、

晴れてもう一度日の目を見ることに。

 

 

タイルや洗面陶器など、ネットで取り寄せられるものは自分たちで用意し、

手作りだけれど味わいのある優しい空間に仕上がっています。

 

もちろん、電気工事や設備工事、それから難しい大工工事など、

どうしても自分たちだけでは出来ない工事は、

ちゃんと専門の業者さんにお願いしているので、

見た目だけでなく機能的にもとても居心地の良い空間に仕上がっています。

 

 

 

 

本格的に営業を始めたのは今年に入ってから。

ちょうどコロナの影響をまともに受け、

開店出だしから逆境のスタートだったようですが、

客数を一日一組限定にしたことが逆にお客様には好評だそうで、

しばらくはこのスタイルでやってみようかな・・・との話し。

 

まさにゲストハウスの名前の通り

気負わず、気長に、ボチボチと、ですね。

 

僕も、時間があればここに泊まって、

秋の夜長、時間を忘れてのんびりしたいな~

と本気で考えるのでした(笑)

 

ひとつだけ 矢野顕子/忌野清志郎

https://www.youtube.com/watch?v=GMWKeBEoF1M

 

 

 

コメントは受け付けていません。