Archive for 10月 25th, 2020

伊那養護学校 木工班

日曜日, 10月 25th, 2020

 

 

伊那養護学校中学部「木工班」の皆さんが作った

椅子とトイレの案内看板。

大芝公園内に生えていた赤松の木を使いました。

 

 

伊那養護学校さんには「木工班チーム」があり、

本棚やミニテーブルなど様々な小物を作って、

毎年行われる学校祭「どんぐり祭り」などで

販売されてきましたが、

今年はすぐ近くにある「大芝公園」とコラボして、

トイレの案内看板や、待合室に置くチェアー

を製作することになりました。

 

村役場の職員さんの紹介で養護学校の山本先生、

市川先生と顔を繋げてくださり、

うちも材料提供の面でお手伝いさせて

頂く事になったのですが、

先日、出来上がったものをわざわざ先生たちが

見せに来てくれました。

 

 

公園内に設置予定のトイレ案内看板。

公園内のトイレが何処にあるか分かり辛い、

という来園者の声を受けて作ったそうです。

 

 

大芝の湯の待合コーナーに置くチェアー。

実際に座らせて頂きましたが、

とても座り心地の良いチェアーです。

どちらも大芝の赤松材を使うことで、

イメージキャラクター「まっくん」とも

コラボ出来ていますね!

 

 

今まで木工の材料はホームセンターで

買ってきたりすることが多かったようですが、

今回は大芝の木を使って、大芝公園内に自分たち

の作った物が置けるということで、木工班の

生徒さんたちもとても楽しみにしていると、

山本先生から聞いていました。

 

 

 

地域の中で枯れそうになっていた松の木を、

地域の木こりが切り倒し、

地域の製材所で製材し

地域の学校の生徒さんがもの作りして、

元あった場所へ形を変えて戻ってくる。

 

当たり前のようでいて、決して当たり前でないこの循環。

ここ伊那谷には、林業、観光、教育、行政・・・

様々な分野で熱い思いを持った人たちが沢山います。

 

伊那谷地域の一員として、このような活動に加わらせて頂き、

本当に有難く思います!

 

 

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=0XNcjYwEjrg

帰れない二人 忌野清志郎/井上陽水